上尾で交通事故治療を受ける際は近くで通いやすい病院へ

サイトマップ
交通事故治療

バイク事故によって顔が

握りこぶしを作っている男性

私は単車で二人乗りをしていて事故にあいました。大通りでいきなり車が前に飛び出してきてぶつかり、私は二車線も跳びました。ヘルメットは飛んでいき顔半分がはげました。前に乗っていた人と二人で救急車で大きな病院へ運ばれました。顔の半分の皮がはげていたのでとてつもない痛みでした。病院へつき顔に消毒をされ薬を塗られたりと処置をされました。その時もサッサと塗るのでとても痛かったです。また頭も含め全身打撲でしたのでレントゲンを撮りましたが異常はありませんでした。
幸いにも大事には至りませんでした。自分で歩ける程度で済みました。納得できませんでしたが事故は車とバイクとのお互いが悪いということになり自分たちの支払いは自分達ですることになりました。しかも事故なので健康保険もきかず全て自費でした。ですが顔でしたので傷痕が残るのだけは避けたかったので通院をしていました。病院では美容系の皮膚科を進められたので紹介状を書いてもらい皮膚科への通院が始まりました。
顔も洗えないほどの痛みなのです。2~3ヶ月ほどがたちある程度治ってきました。まだ目立っていました。それから1ヶ月ほどがたち素っぴんだとよく見たらわかる程度にまで良くなっていました。お金はかかりましたがきちんと治して良かったと思いました。

TOP