上尾で交通事故治療を受ける際は近くで通いやすい病院へ

サイトマップ
交通事故治療

交通事故後の体調の記録をつける重要性

交通事故の後というのは加害者でも被害者でも憂鬱な気持ちになります。ですが怪我をしてしまった場合は冷静に自分の怪我や体調を細かく記録しておくことをお勧め致します。まず、気付いた症状は全て何月何日何時頃にどういう症状が出たのかを書いておきましょう。余裕があれば症状別にまとめても良いですが、気付いた順番にノートに書いておくだけでも十分です。
大切なのは些細な事も全て記録しておくことです。例えば「顎が時々ピクッと痙攣した」「頭痛があった」「しゃっくりが止まらなかった」など事故と関係あるの?と思うことも全てです。交通事故では思いも寄らない影響が後から出て来たりします。痛みはなくても見えないところで神経が触ってしまって時々起こる小さな痙攣も事故の影響で起こりえるのです。
そしてそのノートを持って上尾の医療機関にかかるのです。上尾の医者や整体師達にとってこの記録は大切で、この情報から診断を導き出しているのです。曖昧な記憶で「多分○日でちょっと痛かった気がするけど数日後には気づいたら治ってました」ではなく「○日の16時頃から痺れるような痛みがここに走りました。○日の正午には違和感だけになり、今は感覚が鈍いだけです」など正確に答えることにより正確な診断をして交通事故治療をしていただけるのです。自分の身体のことなので面倒くさがらずに記録をつけて通院して、速やかに交通事故治療をしてください。上尾では交通事故治療をきちんとして下さるので、些細なことでも伝えていきましょう。

交通事故のむちうち症での通院は近場が良い

交通事故を起こし(又は事故に遭い)、病院に搬送されはしたものの、大きな外傷はなく頚椎捻挫(むちうち症)のみという診断をされることも少なくはありません。この頚椎捻挫という症状の主な治療方法は電気治療と症状緩和のための処方薬となるので長い期間こまめに通院して交通事故治療をうける必要があります。
そこで重要となるのは病院の評判などももちろんですが、通院するのが苦ではないかという点。搬送された病院が職場、自宅などの上尾の近くであれば通院するのも面倒ではないですし、旅行先などの遠方での事故であれば搬送された病院にその後も通うという選択肢は最初から浮かばないでしょう。困るのは通えない距離ではないが通院に結構な時間がかかってしまうというケース。何もないときでも面倒なのに頚椎捻挫で重い首、肩でその距離を通院するのは更に負担が掛かってしまいます。その面倒さから病院から足が遠のき、結果頚椎捻挫の完治までの期間が長引いてしまうなんてことにもなりかねません。上尾の病院はどこでもしっかりと交通事故治療をしています。
ですので、お世話になった上尾の病院、先生には気が引けるかと思いますが正直に通院に時間がかかるため他の病院での交通事故治療をしたいと伝えてみましょう。病院ではよくあることなので特に嫌な顔もせず紹介状を書いてくれるはずです。

交通事故治療の費用を請求する為のポイント

交通事故の被害に遭った際には近くの上尾の病院で交通事故治療を受ける必要がありますが、その際にかかったお金は誰が払うのかと言う問題が発生します。最終的には加害者が支払う事が一般的になっていますが、病院側としては原則として被害者側に交通事故治療費を請求する形になっています。なので、まずは入院や通院の際に病院側にこの辺りの確認をしておく必要があります。上尾にある病院の中には被害者ではなく相手側の保険会社に直接請求するところもありますので、最初の段階で請求が可能かどうかを確認する事は重要になります。
次に事故の直後に病院で診断してもらう重要性についてですが、これは事故直後は痛みや不調を感じにくい事が理由になっています。この場合は事故直後は何ともなくても実際には内出血や骨折していたなどの可能性がありますので、後になって請求しようとしても因果関係が証明できないと突っぱねられてしまう可能性が出てきます。したがって交通事故の被害に遭った際には自己判断せずに、すぐに近くの上尾の病院に行って診察を受け因果関係がキチンと分かるようにしておく必要があります。
どんな症状であっても途中で交通事故治療をやめてはいけません。そのままやめてしまって悪化した場合交通事故での保険が利かなくなることがあります。しっかりと医師の判断に従ってください。

TOP